「不動産クラウドファンディング」の紹介

不動産クラウドファンディング紹介 不動産投資
画像 by せはろ
スポンサーリンク

「クラウドファンディング」

言葉はだいたいみなさんご存じだと思います

意味は

 多くの投資家から資金を募集することによる

 資金調達の手法 です

「不動産クラウドファンディング」の紹介

「不動産投資」にも

「クラウドファンディング」があります

「不動産クラウドファンディング」です

そのままの名前で わかりやすいです

「不動産クラウドファンディング」とは

「不動産クラウドファンディング」とは

「不動産クラウドファンディング」

インターネットを通じて投資家から出資を募り

投資家からの出資金 と

運営会社からの出資金 を使い

運営会社が現物不動産・ファンドを運用する

そうして 得られた利益の一部を

投資家に還元・分配する

こういうサービスです

PCで調査中
【画像引用:イラストAC/nagさん】

また 「不動産クラウドファンディング」は

【優先劣後】システムを

採用していることろが多いです

【優先劣後】システム

【優先劣後】システム

簡単に言えば

  家賃収入の減少

  物件売却時の売却価格の低下

  などの 不利益があった場合に

  不利益は

  運用会社の出資金から減らしていく

  一定割合までは

  投資家の出資金が減りません

ということです

2割程度の低下までは

投資家に不利益が出ないことが多いようです

「不動産クラウドファンディング」  メリットは

「不動産クラウドファンディング」

メリットは

メリット

  • 安定した収入を見込める
  • 少額から始められる
  • 運用期間が短いものが多い

などがあげられます

メリット

安定した収入を見込める

 不動産運用の安定的な収入源の

 「家賃」などは

 短期間に大きな変化がないので

 安定した収入を見込めます

 また、

【優先劣後】システム  があるので

 出資金が補填されます

少額から始められる

 少額から始められるのは

 クラウドファンディングの

 多くの投資家から

 資金を募集するからです

運用期間が短いものが多い

 運用期間が短いものが多いです

 サービスにもよりますが

 3カ月~24カ月が多いと思います

 運用期間が短いのは

 運用損益を確定しやすく

 利益があればよいですし

 なくても

 別の投資に向けることができます

 資金の回転を上げることができるので

 その分 自分の運用の実績を

 上げることもできます

「不動産クラウドファンディング」  デメリットは

「不動産クラウドファンディング」

デメリットは

デメリット

  • 投資に対して大きな利益が出ない
  • 投資できない場合がある
  • 長期投資できない

などがあげられます

メリットの 逆 という感じですね

デメリット

投資に対して大きな利益が出ない

 安定した収入を見込める代わりに

 株式投資のような

 投資に対して 利益が数倍になる

 ていうことは まずありません

投資できない場合がある

 不動産クラウドファンディング 

 安定した収入など 人気があり

 出資応募しても 落選する

 ってことが多くあります

 (10%程度の高利回り案件は

  応募倍率2倍を超えることもあり

  なかなか出資できないこともあります)

長期投資できない

 運用期間が短いものが多いです

 安定して利回りを確保したいのですが

 サービス自体が短期のものが多く

 これはどうしようもありません

「不動産クラウドファンディング」は このような方におすすめ

上で示した メリット・デメリット

短期間」「少額投資安定した収入

から考えて

  • 投資初心者
  • で資金を回したい

に適した「おすすめ」の投資だと思います

「不動産クラウドファンディング」

どのようなサービスで

利益がでる?損しないか?かなど

私が実際に運用している

サービスを下リンクにまとめました

参考にしてください

「COZUCHI」実際のところどうなのか実績をまとめます(高利回り・短期間の不動産クラウドファンディング)
「COZUCHI」を始めたので 実際のところどうなのかまとめます(高利回り・短期間の不動産クラウドファンディング)。COZUCHIは 少額投資(1万円から)ではじめられ「高利回り」「投資期間が短い」とかなりおすすめの資産運用です。初心者の方にもおすすめできる投資だと思いますので、ぜひ確認・検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました