「COZUCHI」秋葉原 事業用地 プロジェクトが追加

秋葉原 事業用地 不動産投資
スポンサーリンク

「COZUCHI」プロジェクトが追加されました 秋葉原 事業用地【抽選】インカムゲイン0.1%+キャピタルゲイン4.4% 

<用語説明>
キャピタルゲイン(Capital Gain):資産の売却によって得られる利益のこと
インカムゲイン(income gain) :資産を保有していることで得られる利益のこと

少額投資・短期間投資
画像 by せはろ

追加されたプロジェクト:秋葉原 事業用地 概要

今回追加されたプロジェクト 秋葉原 事業用地【抽選】インカムゲイン0.1%+キャピタルゲイン4.4%の概要です。

想定利回りが少し低いので、応募人数が少ないことが考えられますが、安定した案件で想定以上の利回りも期待できそうです。

項目内容
最小投資金額1万円
想定利回り4.50%(年利)
  キャピタルゲイン  4.40%
  インカムゲイン   0.10%
運用期間12ヵ月
優先枠
ただし、次回フェーズ2での優先枠が設定される予定があります
配当ポリシー本プロジェクトでは、キャピタルゲインの25%を上限として
優先出資者である投資家の皆様に割り当て配当します。
ただし、キャピタルゲイン配当は実績に応じて変動しますので、
対象物件の売却が運用開始時に想定された価格で行われない場合には、
想定利回りを下回る可能性があります。
また、キャピタルゲインが生じない場合には
インカムゲインのみの想定利回り0.1%を上限に配当を実施する可能性もあります。
募集開始日2022/07/14
募集締切日2022/07/21
入金締切日2022/07/25
ファンド運用開始日2022/07/29
ファンド運用終了日2023/07/28
配当日2023/08/25
最終配当・償還日2023/08/25

今回は【抽選】のみ

「COZUCHI」のプロジェクトは人気があり、投資募集に応募しても なかなか当選しないこともあります。以前のプロジェクトでは

  • 1次募集「先着」:応募時点で出資が確定
  • 2次募集「抽選」:応募後の抽選により出資が確定

の「先着」があったのですが、今回は「抽選」のみとなっています

「COZUCHI」に興味を持たれた方は「【COZUCHI公式】会員登録へ」から始められますので検討してみてください。

「COZUCHI」の最新のファンド・プロジェクト情報は「【COZUCHI公式】プロジェクト一覧 へ」から確認できます。

「投資対象の物件」の説明

本ファンドは、JR山手線 秋葉原駅から徒歩6分、東京メトロ銀座線 末広町駅から徒歩2分にある、完全所有権の土地・建物が投資対象です。

本物件はディスカウントした仕入れを行っており、現況にて他の事業者へ売却することも可能ですが、開発用地としてワンルームディベロッパーへ売却することで更なるキャピタルゲインが見込めるファンドとなります。

本ファンドは、JR山手線 秋葉原駅から徒歩6分、東京メトロ銀座線 末広町駅から徒歩2分にある、
完全所有権の土地・建物を投資対象
本物件は相場価格の約33%ディスカウントで仕入れを行っています。
このため、現況にて他の事業者へ売却することも可能ですが、開発用地として
ワンルームディベロッパーへ売却することで、更なるキャピタルゲインが見込めます。
本物件が所在している立地は、特定道路による容積率緩和の特例が受けられ、
法定基準よりも規模が大きい建物を建築できます。
これは、
容積率緩和の特例を利用して規模の大きい建物を建築することで、
分譲できる戸数が増えるため、不動産ディベロッパーの販売利益を高めることになります。

ファンドのシナリオ

ファンドのシナリオは①②があります。

  • シナリオ① 開発用地として売却
  • シナリオ② 現況にて他の事業者へ売却
シナリオ① 開発用地として売却
 残り1先のテナントへ移転交渉を進め、開発用地として売却することで資産価値を最大化します。


 本物件のような大通りから一歩路地へ入った立地では、
 大通りから離れることで得られる静けさを活かし、居住用としての利用を想定します
 交通利便性の良い本立地は、都内各地へ通勤するシングル層をターゲットにしている
 ワンルームディべロッパ―へ売却できる蓋然性は高く、高値での売却が可能となるため、
 本物件のポテンシャルを高いと考えております。
 加えて「特定道路による容積率緩和の特例」制度の対象となるため
 ワンルームディベロッパーが取得するメリットも大きく、反響は高いと考えています。
シナリオ② 現況にて他の事業者へ売却
 本物件は相場価格から約33%と大幅にディスカウントにて仕入れており、かつ完全所有権であるため他の事業者へ現況のまま売却することも想定しています。


 土地・建物は全て単独名義にて所有している完全所有権であるため、
 単独の意志で売却・処分ができるため、資産価値としても安定しています。
 本物件においては他の事業者へ引き継ぎ、リスクを保全することが可能となります。

「COZUCHI」投資に対する不安への回答

不動産クラウドファンディング「COZUCHI」への投資を検討されている方で不安に感じられることもあると思います。そのような不安に対して下に回答をまとめさせてもらっていますので、ぜひ参考にしてください。

1万少額1万円投資で利益が出るのか?については「少額1万円投資で利益が出るのか?について 私の実績からの説明」の記事で説明しています

投資はしてみたいけれど、不安があって始められない については「投資の不安に対する回答(手数料、出金、確定申告、元本割れなど)」の記事で説明しています

なかなか応募に当たらない不安になった方については「投資応募は当たらないのか?私の投資応募で検証」の記事で説明しています

運用会社は大丈夫なの?って気になる方については「不動産クラウドファンディングを運営している会社の紹介」の記事で説明しています

投資で確定申告が必要か?については「株式投資信託・少額投資「COZUCHI」などの投資で確定申告が必要か?」の記事で説明しています

投資で得た利益には税金がかかるか? については「株式投資信託・少額投資「COZUCHI」などの投資で得た利益には税金がかかるか?」の記事で説明しています

また、

「COZUCHI」どんなファンド・プロジェクトがあるのか 【COZUCHI公式】プロジェクト一覧 へ で最新情報が確認できます。

追加されたプロジェクトのリスク

今回追加されたプロジェクトにはリスクがあります

文章を簡単にしてまとめると以下のようになります

  → 元本が保証されない
  → 配当が保証されない
  → 契約が早期打ち切りになる可能性がある
  → 契約期間が過ぎても解約できない可能性がある
  → 余裕金の運用で損失が出る可能性がある
  → 事業に対して指示できないが
    業務及び財産の状況を記載した書類を確認できる

出資元本に関するリスク
不動産に関するリスク
テナント及び施設運営リスク
自然災害リスク
不動産の流動性に関するリスク
匿名組合出資持分の流動性に関するリスク
金融市場及び税制・法規制に係るリスク
余裕金の運用に関するリスク
匿名組合契約の終了に関するリスク
匿名組合員は営業に関する指図ができないことに関するリスク
契約の解除が一時的に多発することに関するリスク
本事業者の信用リスク
その他リスク

タイトルとURLをコピーしました