「COZUCHI」広尾 区分店舗Ⅱプロジェクトが追加

広尾区分店舗Ⅱ 不動産投資
スポンサーリンク

「COZUCHI」プロジェクトが追加されました 広尾 区分店舗Ⅱプロジェクト【抽選】インカムゲイン4.5%+キャピタルゲイン0.0% 

<用語説明>
キャピタルゲイン(Capital Gain):資産の売却によって得られる利益のこと
インカムゲイン(income gain) :資産を保有していることで得られる利益のこと

少額投資・短期間投資
画像 by せはろ

追加されたプロジェクト:広尾 区分店舗Ⅱプロジェクト

今回追加されたプロジェクトは 広尾 区分店舗Ⅱプロジェクト【抽選】インカムゲイン4.5%+キャピタルゲイン0.0% です

追加されたプロジェクト

追加されたプロジェクトは 稲村ケ崎 開発プロジェクト です。

前回の「広尾 区分店舗」ファンドが2022年5月31日に運用終了となるため、再度ファンドを組成し新たに期間を設け、引き続き運用されます。 ( 前回の「広尾 区分店舗」ファンドの説明 )

プロジェクト・ファンドの概要

プロジェクト・ファンドの概要は

項目内容
最小投資金額1万円
想定利回り4.5%(年利)
  キャピタルゲイン  0.00%
  インカムゲイン   4.50%
運用期間12ヵ月
配当ポリシーキャピタルゲインを一定の分配方針に基づいて上限なしに配当する方針を掲げております。
キャピタルゲインの25%を上限として優先出資者である投資家の皆様に割り当て配当します。
ただし、キャピタルゲイン配当は実績に応じて変動しますので、
キャピタルゲインが生じない場合にはインカムゲインのみの想定利回り4.5%を
上限に配当を実施する可能性があります。
募集開始日2022/04/25
募集締切日2022/05/09
入金締切日2022/05/13
ファンド運用開始日2022/06/01
ファンド運用終了日2023/05/31
配当日2023/06/30
最終配当・償還日2023/06/30

今回は【抽選】のみ

「COZUCHI」のプロジェクトは人気があり、投資募集に応募しても なかなか当選しないこともあります。以前のプロジェクト(学芸大学 EXITファンド)では

  • 1次募集「先着」:応募時点で出資が確定
  • 2次募集「抽選」:応募後の抽選により出資が確定

の「先着」があったのですが、今回は「抽選」のみとなっています

「COZUCHI」に興味を持たれた方は「【COZUCHI公式】会員登録へ」から始められますので検討してみてください。

「COZUCHI」の最新のファンド・プロジェクト情報は「【COZUCHI公式】プロジェクト一覧 へ」から確認できます。

「投資対象の物件」の説明

本ファンドにおいて、広尾駅から徒歩7分の好立地にある、区分所有建物の1階店舗区画を投資対象とし、入居するテナントから安定したインカムゲインが得られるファンドとなっております。
本ファンドは前回の「広尾 区分店舗」ファンドが2022年5月31日に運用終了となるため、再度ファンドを組成し新たに期間を設け、引き続き運用を行うものです。

広尾・南麻布エリアの特徴

広尾・南麻布エリアは大使館や高級住宅がズラリと並ぶ国際色豊かな街です。都会的でありながら、さまざまな人種や国籍、仕事、習慣などが混じり合い、独自の文化と街並みを形成してきました。駅周辺や天現寺橋交差点は活気あふれるエリアですが、表通りから一歩入ると閑静な住宅地が広がっています。また、有栖川宮記念公園があり、緑豊かな環境ゆえ、港区・渋谷区の中でも注目を集めるエリアとして知られています。

飲食店などのテナントニーズが高い立地

都内屈指の高級住宅街や大使館が密集していることなどから、周辺にはミシュラン星付などの高級レストランが数多く点在します。そのため、このエリアに出店を希望する飲食店やシェフも多く、リーシングリスクの低い物件と見込んでいます。また、一般的に住宅は経年劣化によって賃料が下落する傾向にありますが、テナントニーズの強いエリアの店舗は、経年劣化にかかわらず、強気な賃料水準が期待できるなど資産価値の高い不動産と考えています。

「路線価」も過去5年間で30%以上の上昇

コロナ禍での仕入がアドバンテージに

本ファンドは「広尾 区分店舗」の運用期間終了に伴い、継続して運用するため再組成したファンドです。飲食店舗といった物件タイプは1年前当時、コロナによる影響が不動産マーケットにおいても早期に売却したいといったニーズとして垣間見れ、本物件は相場からすると割安に取得できました。 1年経過した現在、テナントの一般的な飲食店舗とは異なる会員制レストランが引き続き安定稼働となっており、コロナ禍で割安に仕入れていることから、売却も視野に入れた投資対象としてはインカム収入も立地からすると高利回りの非常に良い状態となってきております。現段階ではまだ保有し、時間をかけることで本来の相場の価値に上げ、最終的には売却を狙って参ります。

投資家から直近の問い合わせ実績あり

本ファンドは安定配当を目指すインカムゲイン型のファンドであり、コロナ禍で安価に取得できた本物件が今後において価値が上昇することも見込み現段階では保有していく方針ですが、運用期間中に良い条件での売却先が現れた場合は、運用期間中であっても対象物件を売却する可能性があります。売却利益が得られた場合は、COZUCHIの過去ファンド「豊島区目白 区分マンション」「江東区東陽町区分マンション」と同様に売却実績に応じて、本ファンドにて想定利回りとしている4.5%に加えてキャピタルゲイン配当をさらに行う予定です。
広尾エリアにある本物件のような区分所有建物の1区画は比較的価格が抑えられ取得のハードルが低いことから、個人投資家においても需要があると考えています。直近においてはアジア圏の海外投資家からの問い合わせもがあります。

出資優先枠の設定

本ファンドは、前回「広尾 区分店舗」ファンドに出資いただいた投資家の皆様を対象に出資優先枠を設けます。( 前回の「広尾 区分店舗」ファンドの説明 )
優先枠対象者の方が本ファンドにご応募いただいた場合には、「広尾 区分店舗ファンド」に応募いただいた金額を上限に当選確定とし、上限を超えた部分については抽選となります。

「COZUCHI」に興味を持たれた方は「【COZUCHI公式】会員登録へ」から始められますので検討してみてください。

「COZUCHI」の最新のファンド・プロジェクト情報は「【COZUCHI公式】プロジェクト一覧 へ」から確認できます。

追加されたプロジェクトのリスク

今回追加されたプロジェクトにはリスクがあります

文章を簡単にしてまとめると以下のようになります

  → 元本が保証されない
  → 配当が保証されない
  → 契約が早期打ち切りになる可能性がある
  → 契約期間が過ぎても解約できない可能性がある
  → 余裕金の運用で損失が出る可能性がある
  → 事業に対して指示できないが
    業務及び財産の状況を記載した書類を確認できる

出資元本に関するリスク
不動産に関するリスク
テナント及び施設運営リスク
自然災害リスク
不動産の流動性に関するリスク
匿名組合出資持分の流動性に関するリスク
金融市場及び税制・法規制に係るリスク
余裕金の運用に関するリスク
匿名組合契約の終了に関するリスク
匿名組合員は営業に関する指図ができないことに関するリスク
契約の解除が一時的に多発することに関するリスク
本事業者の信用リスク
その他リスク

タイトルとURLをコピーしました